学生に伝えたい!資本主義の仕組みを知っているか?2

  1. Home
  2. 学生に伝えたい!資本主義の仕組みを知っているか?2

2017-08-22 23:10:10

カテゴリー:マネー

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

上場企業に入社することが、
お金持ちになるための道。
勝ち組になる近道・・・。
 
しかし、
どうやらそれは違うらしい。
  
世間知らずの若者が、
入社1年目に悟った事だった。
 
 

年収1千万円の給料をもらえることが、
勝ち組の定義と定めていたが、
それは浅はかな考えだった。
 
 
確かに、年収1千万あれば
日々の暮らしでお金の心配をすることは無くなる。
 
でもそれを実現している人たちが
幸せそうに見えないのはなぜだろう。
 
 
資本主義のルールを考えたら、
その理由が分かった。
 
 
会社には、
社長がいて、
取締役がいて、
部長がいて、
係長がいて、
平社員がいる。

その他にも役職があるかもしれないが、
要はピラミッド構造だ。
 
上場企業となれば、
社長の上には、
株主がいる。
 
いかに社長と言えども、
株主を敵に回せば、
解任させられてしまう。

平社員は上司に命令され、
上司は部長に命令され、
部長は社長に命令され、
社長は会社が儲けたお金を株主に配当する。
 
つまりは、
上場企業に勤めるということは、
ずっと誰かの支配下にいるということなのだ。
 
昇進し続けて、社長になれるのは一人しかいない。
 
そして社長になっても、
株主には逆らうことは出来ない。 
 
 
資本主義社会で最も有利なのは、
資金を提供している株主であり、
私たちが資本主義社会で有利になるためには、
「株主」にならなければならない。
それも少額の株主ではなく、
数億円単位の株主にならなければいけない。 
 
 
例えば、
トヨタ自動車の株式を3億円分持っていたとすると
8/22時点の配当利回りが3.42%であり、
年間1026万円の配当が得られる計算だ。

配当に対する税金が20.42%取られるが、
同額の所得税の累進課税33%であることを考えれば
100万円も税金が少なくて済む計算になる。
 
株主に労働時間はない。
自分の代わりに、トヨタ自動車の社員たちが、
自分の代わりにせっせと働いてくれて、
儲けを還元してくれる。
 
 
株主は、
自分のお金を投資することで、
資金を失うリスクは受けるが、
負ったリスクを利益にかえて儲ける。
 
何時間働いたかという尺度は
もうそこには存在しない。
時間は、自分の好きなように使えるようになる。
 
  
資本主義社会で生きる人たちは、
大株主を目指すべきだ。
上場企業の会社員を一生真面目にやっていても
その域にはたどり着けない。 

 たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)