年収50億円のライティング能力

  1. Home
  2. 年収50億円のライティング能力

2016-12-13 01:06:06

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
作詞家でAKB48のプロデュ-サーの

秋元康さん。 
 
年収は50億円とも言われているが、
 
マーケティングの上手い人くらいにしか思っておらず、

これまでその凄さを身にしみて感じられなかった。
 
 
今までは。
 

欅坂48の

「サイレントマジョリティー」を聞くまでは。
 
 
私はもう30過ぎのいい年した大人だけど、
 
10代の女の子たちが歌う曲が、
 
胸に刺さった。
 
 
youtubeでは3000万回以上再生されていて、
 
きっと多くの人の共感を得ているのだと思う。
 
  
 
型にはめられて、
 
どんどんつまらない人間になっていく自分が
 
悔しくて、いたたまれなくて、
 
時々涙が出そうになることがあった。
 
 
でも、
 
結婚して、子供が生まれて
 
妻子ある身としては、
 
自分勝手にばかり振る舞っていられない。
 
妻子を養っていかなければならない。
 

 
その一方で、
 
全てを投げ出して、すべて失っても、
 
追いかけたい人生がある。
 
 
そんな二人の自分と、
 
毎日葛藤していた。
 
 
夢を追いかけて生きるということは、辛い。
 
理解してくれる人がいなければ孤独だし、
 
上手くいく保証もない。
 
下手をすれば、莫大な時間を無駄にする。
  
  
しかし、
 
自分が信じたものに向かっていく過程が
 
本当の意味で生きるということであって、
 
道なき道をすすんで、
 
道を切り開いていくことが
 
その人の生き様。
 
 
生き様なき人生は、
 
生きていないのと同じだと
 
今は思っている。
 
 
この曲を秋元康がどんな思いで作詞したのか分からないが、
一曲で秋元康ファンになってしまった。
そのライティング能力恐るべしだ。 
 

 
 

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)