幸福感とは

2018-04-28 06:21:07

カテゴリー:マネー

僕が金を稼ぎたい理由はいくつかある。

  • 色々な人生経験を積むには金がかかる
  • 日銭稼ぎはやめて没頭したい事がある
  • 中小企業向けファンドを設立したい

とにかくやりたいことが多すぎる。

このまま60歳とかまで仕事をしていては、

死ぬまでにとうていやり切れない。

 

働くことを否定するわけではないが、

日銭稼ぎのために人生の大半を消費して

一生を終えてしまいつつある現状に

強い危機感を感じている。

現状を打破するためには、資金が必要。

だから投資を始めている。

 

 

だたし、金は、飽くまで自分の人生を豊かにする手段であり、ツールだ。

金があれば絶対に幸せになれるかといえば、

必ずしもそうとはいえないような気がしている。

 

人生の幸福度 と 金融資産保有額 が比例するのであれば

金持ちが自殺したり、犯罪を犯したりすることはないと思うからだ。

 

証明できたわけでもないので、

飽くまで僕の仮説にすぎないのだけど、

 

「幸福度は金融資産の保有額ではなく、

金融資産増加の期待値に比例する」

 

と思っている。

 

今日よりも、明日の生活が

今年よりも来年の生活が豊かになると、どの程度感じられるか

それが幸福感ではないだろうか。

 

この仮説が正しければ、

重要なのは、

いまの金融資産の金額、生活水準が幸福感につながるものではなく、

「これからどれだけ豊かになれそうなのか」ということを

人々が感じているかということなのだ。

 

金持ちがさらに金を求めることは、

それは強欲だから金を求める訳ではなく、

今よりももっと資産が増えると感じられなければ

幸福感を感じられないから、金を稼ぎ続けてしまうのだ。

 

映画「ハゲタカ」の

フレーズを思い出した。

 

 

誰かが言った。

人生の悲劇は2つしかない。

1つは金のない悲劇、

そしてもう1つは金のある悲劇。

世の中は金だ。金が悲劇を生む….。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント