お金よりも知を与えたい

2017-04-21 23:00:56

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

DSC_0439

早いもので、この間生まれたかと思っていた息子も
もうすぐ三歳になります。

子供の成長は早く、
1歳になるまでは日に日に
成長を実感しました。

2歳を過ぎるころになると、
体の成長はもちろん、
驚かされるのは、言葉の習得の早さです。

子供は好奇心の塊です。
 
妻と私の会話、
テレビから聞こえる会話、
同じくらいの年ごろの子供の話す言葉
 
何でも真似をして、
四六時中しゃべっています。
 
この好奇心と、
圧倒的なアウトプットこそが
子供の学習能力の高さなのかなと
感じています。

 

毎日息子の成長を
見届けられることは
楽しみであります。
親になって、子供のために何が出来るかを
考える機会が増えました。

 

子供に何を残してあげられるか。
どうしたら子供が幸せになれるか。
きっと多くの親は同じことを考えるのでしょう。
「子供には自分と同じ苦労をさせたくない」
というフレーズは至る所から聞こえます。
親がお金を稼いで、子供に残すことは
大切な事だと思います。
お金が無くては生きていけません。

 

しかし、
お金は使ったら無くなってしまいます。

 

私は、お金よりも「知」を子供に与えたいと
思っています。

 

子供が生まれてから、
生涯を全うするまで
親がつきっきりになることは出来ません。
子供よりも先に親はこの世からいなくなります。

 

それが10年後かもしれないし、
明日かもしれない。
それは誰にも分からないけど、
一つ言えるのは、
子供と過ごせる時間というのは
「限られた時間」であるということです。
子供はいつか親元を離れて、
一人立ちしなくてはいけません。

 

単純な国語・算数・理科・社会だけではなく
荒野に一人取り残されても
たくましく生きていくための知恵を
子供に与えていきたいのです。
 

常識があっという間に非常識になる時代に
なろうとしています。
 
子供に何を教えるかは、
良く考えなければなりませんが、

何を教えるかよりも、
何に子供が興味を示すかを
大切にしたいと考えています。

これからの時代は、
やりたくない事は全てAIがやってくれる
そんな時代になると考えています。
 
全てそこそここなせるゼネラリストが
これまで重宝された時代もありましたが、
そこそこ出来る事は強みにはならなくなってきました。

基本的な知識はインターネット上に存在しています。

誰もがアクセス出来ます。

誰もがたどり着ける知識のその先にある、
興味があることを、
探究心をもってとことんまでやった先にある
智恵に、限られた人だけがたどり着き
富を生み出す時代が
これからやってくるのではないでしょうか。

子供の興味、情熱、探究心を伸ばす

そんな子育てをしていきたいですね。
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント