学生に伝えたい!資本主義の仕組みを知っているか?2

2017-08-22 23:10:10

カテゴリー:マネー

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

上場企業に入社することが、
お金持ちになるための道。
勝ち組になる近道・・・。
 
しかし、
どうやらそれは違うらしい。
  
世間知らずの若者が、
入社1年目に悟った事だった。
 
 

年収1千万円の給料をもらえることが、
勝ち組の定義と定めていたが、
それは浅はかな考えだった。
 
 
確かに、年収1千万あれば
日々の暮らしでお金の心配をすることは無くなる。
 
でもそれを実現している人たちが
幸せそうに見えないのはなぜだろう。
 
 
資本主義のルールを考えたら、
その理由が分かった。
 
 
会社には、
社長がいて、
取締役がいて、
部長がいて、
係長がいて、
平社員がいる。

その他にも役職があるかもしれないが、
要はピラミッド構造だ。
 
上場企業となれば、
社長の上には、
株主がいる。
 
いかに社長と言えども、
株主を敵に回せば、
解任させられてしまう。

平社員は上司に命令され、
上司は部長に命令され、
部長は社長に命令され、
社長は会社が儲けたお金を株主に配当する。
 
つまりは、
上場企業に勤めるということは、
ずっと誰かの支配下にいるということなのだ。
 
昇進し続けて、社長になれるのは一人しかいない。
 
そして社長になっても、
株主には逆らうことは出来ない。 
 
 
資本主義社会で最も有利なのは、
資金を提供している株主であり、
私たちが資本主義社会で有利になるためには、
「株主」にならなければならない。
それも少額の株主ではなく、
数億円単位の株主にならなければいけない。 
 
 
例えば、
トヨタ自動車の株式を3億円分持っていたとすると
8/22時点の配当利回りが3.42%であり、
年間1026万円の配当が得られる計算だ。

配当に対する税金が20.42%取られるが、
同額の所得税の累進課税33%であることを考えれば
100万円も税金が少なくて済む計算になる。
 
株主に労働時間はない。
自分の代わりに、トヨタ自動車の社員たちが、
自分の代わりにせっせと働いてくれて、
儲けを還元してくれる。
 
 
株主は、
自分のお金を投資することで、
資金を失うリスクは受けるが、
負ったリスクを利益にかえて儲ける。
 
何時間働いたかという尺度は
もうそこには存在しない。
時間は、自分の好きなように使えるようになる。
 
  
資本主義社会で生きる人たちは、
大株主を目指すべきだ。
上場企業の会社員を一生真面目にやっていても
その域にはたどり着けない。 

 たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

学生に伝えたい。資本主義の仕組みを知っているか?

2017-08-06 19:12:00

カテゴリー:マネー

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

「資本主義」という言葉を、学校で一度は教わったことがあると思う。
 
でも、資本主義の仕組みやルールを教えてはくれない。
資本主義の仕組みどころか、「お金」のことさえも
教えてくれない。
 

金を扱うことをしてきた身としては、
「これは恐ろしいことではないか」
とふと思った。
 
高校・大学を卒業したら、一般的な人は企業へ就職をして、社会人になる。
新入社員として「資本主義経済の戦場」へと送り込まれる。
資本主義の「ルール」は、戦場で自ら覚えろというスタンスだ。
 
スポーツや麻雀をやったことがある人ならば、
ルールを教えて貰った事がなのに、
いきなり本番の試合に出ることの恐ろしさが分かるだろう。
 
  
何も出来なくてたじろぐ
狙い撃ちにされる
 
そんなことは容易に想像がつく。
 

初心者はまず食い物にされ、
高い授業料を払うことになる。

高い授業料を払って、少しずつルールを覚えて、経験を積んで
自分を守ることが出来るようになる。 
 
 
資本主義社会も同じく、
経験が豊富である人が有利だ。
 
それに加え、
「お金を持っている人」が
圧倒的に有利な仕組みである。
  
 
私は、狙い撃ちにできる鴨を減らさず、
支配階層の優位性が失われないために
敢えて教育の現場からは、
「お金」や「資本主義」のことを教えていないように
仕向けているのではないかと思うことがある。
 
 
資本主義で有利な位置に立つには、
お金持ちになるしかない。
お金持ちになるには、
「投資家」か「経営者」を目指す必要がある。
 
私が学生時代に、進路として
「投資家」と「経営者」
を本気で目指している人はいなかった。(私を含め(笑))
ほぼ全員が、上場企業の従業員を目指していた。
  
上場企業に入ることが、
資本主義社会の勝ち組になる方法、
お金持ちになる方法だと思っていた。 
私も例外ではなかった。 
 
 
でも、それは社会人1年目に違うと気付いた。

つづく
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

働き方改革というテイの良い人件費カット

2017-06-10 07:26:27

カテゴリー:日本経済

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

働き方改革と聞いてワクワクするサラリーマンはいないのではないだろうか。
 
働き方改革をしようとしても、末端のサラリーマンではどうにもできない。
就業規則で縛られ、行動は管理職に管理される身。
「働き方改革しますので、今日は家で仕事をします」
 
なんていうことは通用しない。
平社員は、基本的に働き方の自由はない。
 
今日、どの企業でも働き方改革がとなえられてはいるが、
 
働き方改革=残業を減らす
 
と勘違いしているように思える。
 
 
もちろん、
寝る時間もとれないくらい働かさせている人が、
労働時間を減らして、体を休めることは大切だと思う。
電通で社員が自殺したことが話題になったが、
睡眠時間もろくにとれずモーレツに働かざるをえない労働環境を
改善させるには、残業時間の強制的な削減は有効かもしれない。
 
しかし、ただ残業時間を減らすことイコール
働き方改革というのは違和感を感じざるを得ない。
 
働き方を改めることで、
従業員の生産性が上がった結果
残業が減る
 
のであって
 
残業を減らすから
人件費が削減されて
企業の生産性があがる
 
のではない。
 
 
従業員目線で、
従業員の生産性を上げるのが前者で
 
企業の利益目線で
従業員をひたすらこき使って
企業の生産性を上げるのが後者。
 
 
どうも働き方改革が企業の利益目線で
語られることが多いと感じるのだ。
 
 
経営者はまず、残業を削減する前に、
そもそも経営目標・日常のルーチンが
残業なしで達成可能な目標なのか検証する必要があるのではないか。
 
残業ありきで積み上げられた過去の業績を
突然残業なしで積上げろと言われても
現場は混乱する。
 
「どうやってやればいいのでしょうか?」
と現場が問うと
「それを考えるのがお前たちの仕事だ!」
なんていうやりとりが聞こえてきそうだ。
 
 
そもそも、なぜ働き方改革が必要なのだろう。
 
私は、ライフスタイルや価値観の多様化が背景にあるのではないかと思う。
 
バブル時代まで、
日本が右肩上がりの成長を続けてこれた時代までは
 
結婚して、奥さんは善行主婦で家庭を守り、旦那が一人働く
 
というのが一般的な幸せな家庭のモデルだったと思う。
 
 
今や共働きは普通、結婚しない人もいれば、離婚して子供を育てる人もいる。
昼夜問わず働きたい人、仕事よりもプライベートを充実させたい人、
出世したい人、出世は望まない人、
価値観は多様化しているし、
結婚すらお金がかかるし簡単には出来ない。
 
ライフスタイルはそれぞれの家庭の事情もある。
 
 
人口減少していく日本で、
画一的な働き方では企業は人材を繋ぎ止められないというのが
背景にあるのだろう。
 
そうした背景を考慮しないで、
働き方改革と言われても、
サービス残業を無理強いする大義名分としか思えないのである。
 
 
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

お金よりも知を与えたい

2017-04-21 23:00:56

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

DSC_0439

早いもので、この間生まれたかと思っていた息子も
もうすぐ三歳になります。

子供の成長は早く、
1歳になるまでは日に日に
成長を実感しました。

2歳を過ぎるころになると、
体の成長はもちろん、
驚かされるのは、言葉の習得の早さです。

子供は好奇心の塊です。
 
妻と私の会話、
テレビから聞こえる会話、
同じくらいの年ごろの子供の話す言葉
 
何でも真似をして、
四六時中しゃべっています。
 
この好奇心と、
圧倒的なアウトプットこそが
子供の学習能力の高さなのかなと
感じています。

 

毎日息子の成長を
見届けられることは
楽しみであります。
親になって、子供のために何が出来るかを
考える機会が増えました。

 

子供に何を残してあげられるか。
どうしたら子供が幸せになれるか。
きっと多くの親は同じことを考えるのでしょう。
「子供には自分と同じ苦労をさせたくない」
というフレーズは至る所から聞こえます。
親がお金を稼いで、子供に残すことは
大切な事だと思います。
お金が無くては生きていけません。

 

しかし、
お金は使ったら無くなってしまいます。

 

私は、お金よりも「知」を子供に与えたいと
思っています。

 

子供が生まれてから、
生涯を全うするまで
親がつきっきりになることは出来ません。
子供よりも先に親はこの世からいなくなります。

 

それが10年後かもしれないし、
明日かもしれない。
それは誰にも分からないけど、
一つ言えるのは、
子供と過ごせる時間というのは
「限られた時間」であるということです。
子供はいつか親元を離れて、
一人立ちしなくてはいけません。

 

単純な国語・算数・理科・社会だけではなく
荒野に一人取り残されても
たくましく生きていくための知恵を
子供に与えていきたいのです。
 

常識があっという間に非常識になる時代に
なろうとしています。
 
子供に何を教えるかは、
良く考えなければなりませんが、

何を教えるかよりも、
何に子供が興味を示すかを
大切にしたいと考えています。

これからの時代は、
やりたくない事は全てAIがやってくれる
そんな時代になると考えています。
 
全てそこそここなせるゼネラリストが
これまで重宝された時代もありましたが、
そこそこ出来る事は強みにはならなくなってきました。

基本的な知識はインターネット上に存在しています。

誰もがアクセス出来ます。

誰もがたどり着ける知識のその先にある、
興味があることを、
探究心をもってとことんまでやった先にある
智恵に、限られた人だけがたどり着き
富を生み出す時代が
これからやってくるのではないでしょうか。

子供の興味、情熱、探究心を伸ばす

そんな子育てをしていきたいですね。
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

個人も多角化経営せよ

2016-12-17 03:41:35

カテゴリー:日本経済

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
俺が若かった頃は、
 
9時まで居残り残業して
 
12時まで酒を飲んで
 
仕事を家に持ち帰って、
 
朝一番に稟議書を支店長に出していたよ

ガハハハハ!!

そんな古き良き時代の話を
 
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 
経済が右肩上がりの時代は、
 
働けば働くほど成果が上がる、
 
頑張れば頑張っただけ稼げた
 
いい時代だったのかもしれません。
 
 
川の上流から、川下に
 
流れに沿って泳いで行けば、
 
スイスイ泳いでいけますよね。
 
 
でも、川下から、川上に向かって
 
泳いだらどうでしょうか。
 
どれだけ頑張って、必死に泳いでも
 
1メートルも前進していない・・・
 
それどころか、後退している。
 
 
その状況が今、
  
日本の一部にあるのかもしれません。
 
  
モーレツ社員が活躍して一定の成果を上げ、
 
今、経営者や管理職として組織運営をしているとなれば
 
過去の成功モデルを、
 
どの企業もなかなか捨てきれません。
 
  
川下にいる企業も、
 
川下にいることを認識できない、
 
川下にいることを認識していても、
 
合えて承知の上で消耗戦を強いられている・・・
 
 
そんな状況なのかもしれません。
 
 
そのなかで、
 
長時間の労働を強いられると
 
肉体的にも、精神的にも
 
蝕まれていくことになります。
 
  
こうした中、我々はどうやって自分の身を
 
護っていくのか考えなければなりません。
 
  
私は、身を守る手段こそが、
 
「副業」だと考えています。
 
 
あなたが経営者だとします。 
 
あなたの経営する企業が、
 
一つの事業、
 
一つの取引先に
 
売上の100%を依存していたら
 
どうしますか。
 
 
きっとこう考えるはずです。
 
一社から仕事を切られたらどうしようか。
 
この事業が衰退したらどうしようか。
 
 
優秀な経営者ならば、
 
 
新しい取引先を増やす努力をし、
 
新たな事業を育てていこうとします。 
 
どんな環境下でも、
 
生きていける体制をつくることが、
 
リスクを回避することに繋がります。
 
 
個人も同様です。
 
副業として収入源を多様化することで
 
絶え間なく収入を得る体制を構築することが
 
これからは必要とされていく時代だと
 
考えています。
 
 
たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

年収50億円のライティング能力

2016-12-13 01:06:06

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
作詞家でAKB48のプロデュ-サーの

秋元康さん。 
 
年収は50億円とも言われているが、
 
マーケティングの上手い人くらいにしか思っておらず、

これまでその凄さを身にしみて感じられなかった。
 
 
今までは。
 

欅坂48の

「サイレントマジョリティー」を聞くまでは。
 
 
私はもう30過ぎのいい年した大人だけど、
 
10代の女の子たちが歌う曲が、
 
胸に刺さった。
 
 
youtubeでは3000万回以上再生されていて、
 
きっと多くの人の共感を得ているのだと思う。
 
  
 
型にはめられて、
 
どんどんつまらない人間になっていく自分が
 
悔しくて、いたたまれなくて、
 
時々涙が出そうになることがあった。
 
 
でも、
 
結婚して、子供が生まれて
 
妻子ある身としては、
 
自分勝手にばかり振る舞っていられない。
 
妻子を養っていかなければならない。
 

 
その一方で、
 
全てを投げ出して、すべて失っても、
 
追いかけたい人生がある。
 
 
そんな二人の自分と、
 
毎日葛藤していた。
 
 
夢を追いかけて生きるということは、辛い。
 
理解してくれる人がいなければ孤独だし、
 
上手くいく保証もない。
 
下手をすれば、莫大な時間を無駄にする。
  
  
しかし、
 
自分が信じたものに向かっていく過程が
 
本当の意味で生きるということであって、
 
道なき道をすすんで、
 
道を切り開いていくことが
 
その人の生き様。
 
 
生き様なき人生は、
 
生きていないのと同じだと
 
今は思っている。
 
 
この曲を秋元康がどんな思いで作詞したのか分からないが、
一曲で秋元康ファンになってしまった。
そのライティング能力恐るべしだ。 
 

 
 

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

金融機関の職員は投資のプロか

2016-12-11 01:13:30

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

業界の常識と世間の常識にギャップがあって、

新入社員の頃はおかしいと思ってきたことも、

業界にドップリつかってしまうと

徐々に感覚がマヒしてきて

おかしいと思わなくなることもある。

そんなことがないだろうか。

金融機関にそれなりの期間勤めてきた。

新入社員で働き始めた時は、

業界の慣習や制度に疑問を感じたものだが、

自分がいくら疑問に思ったところで、

どうにもできないと気づいた時点で、

飲みこむことを決めた。

でも未だに理解しがたい業界のルールが

幾つかある。

その一つが、

職員の投資活動に制限がかけられていることだ。

会社ごとに多少の違いはあれど、

金融機関の従業員は

株式投資、FX、先物取引、信用取引は

ほぼ禁止されている。

株式投資は現物は辛うじて許可されているが、

短期売買や信用取引は原則禁止されている。

銀行員が顧客を勧誘してFXで大損したというニューズは

記憶に新しいが、

損失を出したときに、身近にある大金に手を出してしまう

リスクがあるからこれを禁止しているのだろう。

確かに禁止する側にもそれなりの理由があることは分かるが。

しかし、資金を運用する側の顧客にとってみれば、

投資で儲けたことのない人に、

運用を相談することは理にかなうのだろうか。

営業の現場で

金融商品を勧める証券会社の職員や銀行員は、

ほとんどと言っていいほど投資で大きく儲けた経験はない。

ただ、投資信託を「売る」のは上手い。

目先の販売手数料ではなく、

顧客が儲ければその分金融機関に手数料が落ちる

仕組みをつくれれば、きっとサービスも向上

していくのだろうけど、

実現するまでにきっと何十年とかかるんだろう。

ところで、

金融商品でもっとも手軽に投資ができる

「投資信託」

今日本にどれくらい存在するのかご存知だろうか?

投資信託協会の資料によれば、

なんとその数、

約6000本!

毎日一銘柄内容をじっくり調べたら、

全部調べ終わるのに、

なんと16年かかる計算です。

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

富士のパワースポット、白糸の滝でリフレッシュ

2016-08-29 00:16:21

カテゴリー:観光

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

今年の夏も後半戦ですね。

夏場は兎に角「山派」の藍沢です。

海でギャル達と戯れワイワイやるよりも、

静かな山で、清流のせせらぎを聞きながら

読書をしたい!

そんな年頃になってきました。

毎年夏に、避暑とリフレッシュを兼ねて、

山に行くのですが、

今年は富士山と白糸の滝に行ってきました。

白糸の滝ブログ

富士の麓から、

白糸の滝があるところまで車で登ってくると、

もうすでに2度くらい気温が低く、

それだけで涼しく感じます。

それが滝壺までいくとさらに涼しく感じます。

ミストが漂う滝壺周辺は、

マイナスイオンに溢れていることでしょう。

とてもリフレッシュできますよ!

水もとてもきれいで、そのまま飲めそう。

白糸の滝2ブログ

滝壺でリフレッシュした後は、

最近出来たと思われるおしゃれなカフェで、

静岡が誇るB級グルメ

「富士宮焼きそば」で腹ごしらえ!

値段の割にボリュームは控えめでした(笑)

白糸の滝3ブログ

富士山が世界遺産に登録されてからは、

今回初めて白糸の滝にきました。

もちろん、世界遺産に登録される以前から

滝はすばらしかったのですが、

滝に続くまでの道が小汚く

あまり好きになれませんでした。

富士山が世界遺産に登録された

ここ数年で、新しい店も出来て

市営の駐車場も綺麗に整備されるなど

一体が明るくなった印象です。

白糸の滝は夏に訪問するのも涼しくて

気持ちが良いですが、

秋の紅葉シーズンもまた趣があって

お勧めです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

常識が変わる日

2016-08-27 00:00:22

カテゴリー:日本経済

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

藍沢家、家族で転勤し新天地に参りました。

すくすく育つ我が子の寝顔を眺めながら

そろそろ拠点となる家を決めて

じっくり何処で子育てをしようかと考えることが増えてきました。

 

きっと私の様に子供が生まれて一息すると
家を買う事を考え始める人もいると思います。

 

でも残念な事に、

私のような転勤族のサラリーマン達は

家を建ててもずっと住み続けられる人は
ほとんどいません。

 

家を建てた瞬間
遠隔地に転勤になるケースは
私の周りでも想像以上に多のです。

 

〇マンションを買った翌月に転勤。
マンションは他人に賃貸。

不本意にも不動産賃貸業デビュー

 

〇二世帯住宅を建てて、親と同居した
半年後に転勤

家の半分は空き家状態

〇家を建てて、半年後に長期海外赴任

日本に住み続けたのは住宅ローン

これはいくつかの実例ですが、

数を数えればきりがない!

 

皆さん、笑いながら文句は言うけど
みんな会社の命令にしたがって
荷造りして社宅に入ります。

それが仕方ないこととして、

皆受け入れている。

それが常識だって。

仕方ないことだって。

皆の会社に対する忠誠心は
本当、尊敬します。

 

この常識あなたはどう思います??

 

私は皆が受け入れているこの常識を

どうも受け入れらません。

 

ローンを組んでせっかく建てた家に

まともに住むこともできず、

貴重な人生を削って得たお金で

住宅ローンを返す

これが常識といわれると、

どうも自分としては納得がいかない。

 

妻子を持って借金背負ったら、

多少理不尽な事を言われても、

会社の言いなりになるしかないですよね。

むしろ今まで会社は、そのような人を望んでいたのでしょう。

 

ただし、IT・AIが日進月歩で急速に進化してきた今、

既存の産業も変化することを余儀なくされています。

会社に必死にしがみついても、

会社どころか、その産業が一気に吹っ飛ぶ可能性すらあります。

 

アルゴリズム・合理性重視で動くコンピュータが

社会を席巻していく時代、

理屈に合わないことは通用しなくなるでしょう。

既成観念や古い慣習に対して

正々堂々と「おかしいことはおかしいと」

言える時代が少しずつ近づいてきているのではないでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

人口減少の恐怖

2016-06-11 12:22:10

カテゴリー:日本経済


人気ブログランキングへ

日本の人口は、2008年にピークの1億2808万人に達してから、減少に転じました。

総務省が発表した速報値では、

2016年5月1日時点で1億2696万人まで減少しています。

昨年同月比では、14万人減少しており、

ピークから100万人以上減少しました。

 

100万人がどれほどの数かイメージしにくいですが、

宮城県仙台市の人口(2016年2月時点 104万人)とほぼ同数の人です。

つまりは、ここ10年で、仙台市の住民が日本から居なくなった!

ということと同じくらいのインパクトがある数字ですが、

あまり気にする人が私の周りにはいません。

 

日本全国の人口が100万人減ったからって、

日常生活にさほど影響は受けない、

受けていても影響を感じないからでしょう。

 

 

しかし、私は人口減少が日本の最大のネックだと思っています。

 

 

2016年1月~3月の日本のGDP成長率は、+0.5%と

かろうじて前年比プラスを維持しています。

GDPは様々な要素の合計がら成り立っていますが、

日本のGDPの6割は個人消費が占めていると言われています。

この10年で日本から去ってしまった100万人は、どのような人なんでしょう。

 

仮にそれが高齢者で、質素倹約を徹底して消費をしない人で、月10万円で生活していた人であったとしても、

月10万円の消費で、年間120万円になります。

100万人が年間120万円消費すると、日本全体では1兆2000億円!

つまりは、100万人が日本から去ることは、

少なく見ても1兆2000億円の消費が日本から消えるということになります。

 

そして、消費が減少することは、

消費を提供する側である企業や事業主の売上も減ります。

事業主の原価率が50%としたら、

6000億円の利益が減ることになります。

これは極端な例ですが、人口が100万人減ることは、

日本全体のマクロ的な観点からみると大きな負のインパクトです。

もちろん、そのインパクトが一時的なものなら問題ないのかもしれません。

 

恐ろしいのは、それがこれからもずっと続く見込だということです。

国連の日本の人口推移の予測では、

2030年 1億2013万人

2040年 1億1379万人

2065年 9829万人

とあり、この先50年で約2000万人の人口減少が予測されています。

この先、間違いなく人口は減り、経済の規模は縮小していくでしょう。

日本はターニングポイントを迎えたのです。

 

人口が増え、経済成長している、「右肩上がり」の時代から

「横ばい」、そして「右肩下がり」にさしかかろうとしています。

皆さんも実感がありませんか。

会社勤めで、必死に働いても働いても、

豊かにならない現実。

 

激流の川を、川下から必死に泳いでも、まったく進めないという感覚。

 

死にもの狂いでがんばっても、やっと現状維持という苦悩。

 

市場のパイが縮むなかでビジネスをするということは、

とても辛いことなのです。

 

パイを敵味方で仲良く分けあっていた時代は、

古き良き時代となり、

会社に勤めて働けば働くほど豊かになり、

幸福感に浸れる時代はもう終わってしまったのです。

 

人口増加、経済右肩上がりの青写真をもとに設計された

日本の教育制度・年金制度・社会保障制度・常識は、

過去のものとなりつつあります。

 

これからは、

今まで10人でやっていたことを、1人と機械でやり、

同業他社の競争相手とは、生死をかけた決闘となり、

会社が組織単位でやっていた仕事を、個人が1人でやる。

 

そんな時代となるのではないでしょうか。

 

常に伸びる市場をかぎ分ける嗅覚を磨き、

個人で戦う力を常に磨き続けなくては、

この先、組織の中でも、事業者としても生き残れないのではないだろうか。


人気ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント