草コインに投資してみた

2018-04-30 06:15:32

カテゴリー:マネー

2017年後半から急成長で盛り上がり、

2018年1月にかれてしまった

マイナーな仮想通貨で、

ビットコインに比べて価格が低い

「草コイン」たち。

 

ビットコインの価格が4月に底を打ったとみられ、

草コインへの投資も回復してきたように思います。

 

 

Binanceに上場している銘柄でも、

 

 

ONT

AE

ELF

ZIL

TRIG

 

あたりの価格が急上昇しています。

 

XRPやNEMの主要どころのアルトコインは

底値から2倍まで回復してきていますが、

 

Binanceのアルトコインの一部は、

底値から5倍近く育っている銘柄や、

すでに冬につけたピークを

越えつつある銘柄も散見されます。

 

2017年はとにもかくにも実績が無くても

ホワイトペーパーに記載された青写真の見栄えの良さと、

ボリュームを確保しやすい比較的低価格のコインが

買われる傾向にありましたが、

歴史は繰り返すのでしょうか。

 

そこで試しに、

既に値上がりしてしまった銘柄に参加するのは控え、

まだ出遅れているBainance上場銘柄に数万円ほど投資してみました。

 

とりあえず数か月放置です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

幸福感とは

2018-04-28 06:21:07

カテゴリー:マネー

僕が金を稼ぎたい理由はいくつかある。

  • 色々な人生経験を積むには金がかかる
  • 日銭稼ぎはやめて没頭したい事がある
  • 中小企業向けファンドを設立したい

とにかくやりたいことが多すぎる。

このまま60歳とかまで仕事をしていては、

死ぬまでにとうていやり切れない。

 

働くことを否定するわけではないが、

日銭稼ぎのために人生の大半を消費して

一生を終えてしまいつつある現状に

強い危機感を感じている。

現状を打破するためには、資金が必要。

だから投資を始めている。

 

 

だたし、金は、飽くまで自分の人生を豊かにする手段であり、ツールだ。

金があれば絶対に幸せになれるかといえば、

必ずしもそうとはいえないような気がしている。

 

人生の幸福度 と 金融資産保有額 が比例するのであれば

金持ちが自殺したり、犯罪を犯したりすることはないと思うからだ。

 

証明できたわけでもないので、

飽くまで僕の仮説にすぎないのだけど、

 

「幸福度は金融資産の保有額ではなく、

金融資産増加の期待値に比例する」

 

と思っている。

 

今日よりも、明日の生活が

今年よりも来年の生活が豊かになると、どの程度感じられるか

それが幸福感ではないだろうか。

 

この仮説が正しければ、

重要なのは、

いまの金融資産の金額、生活水準が幸福感につながるものではなく、

「これからどれだけ豊かになれそうなのか」ということを

人々が感じているかということなのだ。

 

金持ちがさらに金を求めることは、

それは強欲だから金を求める訳ではなく、

今よりももっと資産が増えると感じられなければ

幸福感を感じられないから、金を稼ぎ続けてしまうのだ。

 

映画「ハゲタカ」の

フレーズを思い出した。

 

 

誰かが言った。

人生の悲劇は2つしかない。

1つは金のない悲劇、

そしてもう1つは金のある悲劇。

世の中は金だ。金が悲劇を生む….。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

昭和バブルと仮想通貨

2018-04-24 23:37:29

カテゴリー:マネー

今年の1月から下落の一途だった、
ビットコインをはじめとした仮想通貨に復調の催しがでてきた。
 
一時は、「電子屑」と言われたい放題だったが、
喉元過ぎればなんとやら、
バブル・熱狂の足音がまた聞こえ始めている。
 
私が初めてビットコインを買ったのは、
平成29年1月。
 
当時まだ15万円くらいだった。
仮想通貨元年などと言われていた頃が懐かしい。
 
初めて買った時から握ったままでいられたらよかったのだが、
途中でリリースしてしまった。
  

バブルは悪なのか

 
 
私は、昭和50年代の生まれで、
物心ついたころにバブルが崩壊した。
 
失われた10年といわれる不況期で青春時代を過ごした。
 
世の中が薄暗く、
景気が良いとはどんなものなのか全くわからず、社会に出た。
 
社会に出たあと、
バブル景気を経験した大人たちに当時の話を聞くと、
 
「とにかく楽しく、
エネルギッシュな時代で、
良く働き、
良く遊んだ」
 
という言葉がほとんどだった。
 
僕の周りを見ると、
確かに一部にはエネルギッシュな人はいるが、
少数派かもしれない。
遊び人はいるが、
毎日は遊んでいられない。
 
なぜ毎日そんなにエネルギッシュに
過ごせるのかと疑問に感じてやまなかったのだが、
 
昨今の仮想通貨の価格がグングン上がっている局面では、
得体の知れない脳内麻薬がドバドバ溢れ、
毎日変な昂揚感に包まれていた。
 
これがバブルなのか!
 
僕は初めて身をもって体感した。
 
仮想通貨が盛り上がったのは、昨年の10月~12月と短期間だったが、
バブル景気は数年単位。
 
当時の人達は、毎日こんな昂揚感に包まれていたのかと思うと、
エネルギッシュであった理由が分かる。
 
・今日より明日が間違いなく良くなる
・働けば働くほど稼げる
 
将来に対する期待値が高く、
かつ経済的にそれが実感できると
人は幸福感を感じる。
 
仮想通貨バブルと言われるが、
真のバブルはこれからだと考えている。
 
仮想通貨で熱狂しようぜ!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

学生に伝えたい!資本主義の仕組みを知っているか?2

2017-08-22 23:10:10

カテゴリー:マネー

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

上場企業に入社することが、
お金持ちになるための道。
勝ち組になる近道・・・。
 
しかし、
どうやらそれは違うらしい。
  
世間知らずの若者が、
入社1年目に悟った事だった。
 
 

年収1千万円の給料をもらえることが、
勝ち組の定義と定めていたが、
それは浅はかな考えだった。
 
 
確かに、年収1千万あれば
日々の暮らしでお金の心配をすることは無くなる。
 
でもそれを実現している人たちが
幸せそうに見えないのはなぜだろう。
 
 
資本主義のルールを考えたら、
その理由が分かった。
 
 
会社には、
社長がいて、
取締役がいて、
部長がいて、
係長がいて、
平社員がいる。

その他にも役職があるかもしれないが、
要はピラミッド構造だ。
 
上場企業となれば、
社長の上には、
株主がいる。
 
いかに社長と言えども、
株主を敵に回せば、
解任させられてしまう。

平社員は上司に命令され、
上司は部長に命令され、
部長は社長に命令され、
社長は会社が儲けたお金を株主に配当する。
 
つまりは、
上場企業に勤めるということは、
ずっと誰かの支配下にいるということなのだ。
 
昇進し続けて、社長になれるのは一人しかいない。
 
そして社長になっても、
株主には逆らうことは出来ない。 
 
 
資本主義社会で最も有利なのは、
資金を提供している株主であり、
私たちが資本主義社会で有利になるためには、
「株主」にならなければならない。
それも少額の株主ではなく、
数億円単位の株主にならなければいけない。 
 
 
例えば、
トヨタ自動車の株式を3億円分持っていたとすると
8/22時点の配当利回りが3.42%であり、
年間1026万円の配当が得られる計算だ。

配当に対する税金が20.42%取られるが、
同額の所得税の累進課税33%であることを考えれば
100万円も税金が少なくて済む計算になる。
 
株主に労働時間はない。
自分の代わりに、トヨタ自動車の社員たちが、
自分の代わりにせっせと働いてくれて、
儲けを還元してくれる。
 
 
株主は、
自分のお金を投資することで、
資金を失うリスクは受けるが、
負ったリスクを利益にかえて儲ける。
 
何時間働いたかという尺度は
もうそこには存在しない。
時間は、自分の好きなように使えるようになる。
 
  
資本主義社会で生きる人たちは、
大株主を目指すべきだ。
上場企業の会社員を一生真面目にやっていても
その域にはたどり着けない。 

 たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

学生に伝えたい。資本主義の仕組みを知っているか?

2017-08-06 19:12:00

カテゴリー:マネー

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

「資本主義」という言葉を、学校で一度は教わったことがあると思う。
 
でも、資本主義の仕組みやルールを教えてはくれない。
資本主義の仕組みどころか、「お金」のことさえも
教えてくれない。
 

金を扱うことをしてきた身としては、
「これは恐ろしいことではないか」
とふと思った。
 
高校・大学を卒業したら、一般的な人は企業へ就職をして、社会人になる。
新入社員として「資本主義経済の戦場」へと送り込まれる。
資本主義の「ルール」は、戦場で自ら覚えろというスタンスだ。
 
スポーツや麻雀をやったことがある人ならば、
ルールを教えて貰った事がなのに、
いきなり本番の試合に出ることの恐ろしさが分かるだろう。
 
  
何も出来なくてたじろぐ
狙い撃ちにされる
 
そんなことは容易に想像がつく。
 

初心者はまず食い物にされ、
高い授業料を払うことになる。

高い授業料を払って、少しずつルールを覚えて、経験を積んで
自分を守ることが出来るようになる。 
 
 
資本主義社会も同じく、
経験が豊富である人が有利だ。
 
それに加え、
「お金を持っている人」が
圧倒的に有利な仕組みである。
  
 
私は、狙い撃ちにできる鴨を減らさず、
支配階層の優位性が失われないために
敢えて教育の現場からは、
「お金」や「資本主義」のことを教えていないように
仕向けているのではないかと思うことがある。
 
 
資本主義で有利な位置に立つには、
お金持ちになるしかない。
お金持ちになるには、
「投資家」か「経営者」を目指す必要がある。
 
私が学生時代に、進路として
「投資家」と「経営者」
を本気で目指している人はいなかった。(私を含め(笑))
ほぼ全員が、上場企業の従業員を目指していた。
  
上場企業に入ることが、
資本主義社会の勝ち組になる方法、
お金持ちになる方法だと思っていた。 
私も例外ではなかった。 
 
 
でも、それは社会人1年目に違うと気付いた。

つづく
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

働き方改革というテイの良い人件費カット

2017-06-10 07:26:27

カテゴリー:日本経済

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

働き方改革と聞いてワクワクするサラリーマンはいないのではないだろうか。
 
働き方改革をしようとしても、末端のサラリーマンではどうにもできない。
就業規則で縛られ、行動は管理職に管理される身。
「働き方改革しますので、今日は家で仕事をします」
 
なんていうことは通用しない。
平社員は、基本的に働き方の自由はない。
 
今日、どの企業でも働き方改革がとなえられてはいるが、
 
働き方改革=残業を減らす
 
と勘違いしているように思える。
 
 
もちろん、
寝る時間もとれないくらい働かさせている人が、
労働時間を減らして、体を休めることは大切だと思う。
電通で社員が自殺したことが話題になったが、
睡眠時間もろくにとれずモーレツに働かざるをえない労働環境を
改善させるには、残業時間の強制的な削減は有効かもしれない。
 
しかし、ただ残業時間を減らすことイコール
働き方改革というのは違和感を感じざるを得ない。
 
働き方を改めることで、
従業員の生産性が上がった結果
残業が減る
 
のであって
 
残業を減らすから
人件費が削減されて
企業の生産性があがる
 
のではない。
 
 
従業員目線で、
従業員の生産性を上げるのが前者で
 
企業の利益目線で
従業員をひたすらこき使って
企業の生産性を上げるのが後者。
 
 
どうも働き方改革が企業の利益目線で
語られることが多いと感じるのだ。
 
 
経営者はまず、残業を削減する前に、
そもそも経営目標・日常のルーチンが
残業なしで達成可能な目標なのか検証する必要があるのではないか。
 
残業ありきで積み上げられた過去の業績を
突然残業なしで積上げろと言われても
現場は混乱する。
 
「どうやってやればいいのでしょうか?」
と現場が問うと
「それを考えるのがお前たちの仕事だ!」
なんていうやりとりが聞こえてきそうだ。
 
 
そもそも、なぜ働き方改革が必要なのだろう。
 
私は、ライフスタイルや価値観の多様化が背景にあるのではないかと思う。
 
バブル時代まで、
日本が右肩上がりの成長を続けてこれた時代までは
 
結婚して、奥さんは善行主婦で家庭を守り、旦那が一人働く
 
というのが一般的な幸せな家庭のモデルだったと思う。
 
 
今や共働きは普通、結婚しない人もいれば、離婚して子供を育てる人もいる。
昼夜問わず働きたい人、仕事よりもプライベートを充実させたい人、
出世したい人、出世は望まない人、
価値観は多様化しているし、
結婚すらお金がかかるし簡単には出来ない。
 
ライフスタイルはそれぞれの家庭の事情もある。
 
 
人口減少していく日本で、
画一的な働き方では企業は人材を繋ぎ止められないというのが
背景にあるのだろう。
 
そうした背景を考慮しないで、
働き方改革と言われても、
サービス残業を無理強いする大義名分としか思えないのである。
 
 
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

お金よりも知を与えたい

2017-04-21 23:00:56

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

DSC_0439

早いもので、この間生まれたかと思っていた息子も
もうすぐ三歳になります。

子供の成長は早く、
1歳になるまでは日に日に
成長を実感しました。

2歳を過ぎるころになると、
体の成長はもちろん、
驚かされるのは、言葉の習得の早さです。

子供は好奇心の塊です。
 
妻と私の会話、
テレビから聞こえる会話、
同じくらいの年ごろの子供の話す言葉
 
何でも真似をして、
四六時中しゃべっています。
 
この好奇心と、
圧倒的なアウトプットこそが
子供の学習能力の高さなのかなと
感じています。

 

毎日息子の成長を
見届けられることは
楽しみであります。
親になって、子供のために何が出来るかを
考える機会が増えました。

 

子供に何を残してあげられるか。
どうしたら子供が幸せになれるか。
きっと多くの親は同じことを考えるのでしょう。
「子供には自分と同じ苦労をさせたくない」
というフレーズは至る所から聞こえます。
親がお金を稼いで、子供に残すことは
大切な事だと思います。
お金が無くては生きていけません。

 

しかし、
お金は使ったら無くなってしまいます。

 

私は、お金よりも「知」を子供に与えたいと
思っています。

 

子供が生まれてから、
生涯を全うするまで
親がつきっきりになることは出来ません。
子供よりも先に親はこの世からいなくなります。

 

それが10年後かもしれないし、
明日かもしれない。
それは誰にも分からないけど、
一つ言えるのは、
子供と過ごせる時間というのは
「限られた時間」であるということです。
子供はいつか親元を離れて、
一人立ちしなくてはいけません。

 

単純な国語・算数・理科・社会だけではなく
荒野に一人取り残されても
たくましく生きていくための知恵を
子供に与えていきたいのです。
 

常識があっという間に非常識になる時代に
なろうとしています。
 
子供に何を教えるかは、
良く考えなければなりませんが、

何を教えるかよりも、
何に子供が興味を示すかを
大切にしたいと考えています。

これからの時代は、
やりたくない事は全てAIがやってくれる
そんな時代になると考えています。
 
全てそこそここなせるゼネラリストが
これまで重宝された時代もありましたが、
そこそこ出来る事は強みにはならなくなってきました。

基本的な知識はインターネット上に存在しています。

誰もがアクセス出来ます。

誰もがたどり着ける知識のその先にある、
興味があることを、
探究心をもってとことんまでやった先にある
智恵に、限られた人だけがたどり着き
富を生み出す時代が
これからやってくるのではないでしょうか。

子供の興味、情熱、探究心を伸ばす

そんな子育てをしていきたいですね。
たまにクリックしてくれるとありがたいです!!

社長ブログ ブログランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

個人も多角化経営せよ

2016-12-17 03:41:35

カテゴリー:日本経済

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
俺が若かった頃は、
 
9時まで居残り残業して
 
12時まで酒を飲んで
 
仕事を家に持ち帰って、
 
朝一番に稟議書を支店長に出していたよ

ガハハハハ!!

そんな古き良き時代の話を
 
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 
経済が右肩上がりの時代は、
 
働けば働くほど成果が上がる、
 
頑張れば頑張っただけ稼げた
 
いい時代だったのかもしれません。
 
 
川の上流から、川下に
 
流れに沿って泳いで行けば、
 
スイスイ泳いでいけますよね。
 
 
でも、川下から、川上に向かって
 
泳いだらどうでしょうか。
 
どれだけ頑張って、必死に泳いでも
 
1メートルも前進していない・・・
 
それどころか、後退している。
 
 
その状況が今、
  
日本の一部にあるのかもしれません。
 
  
モーレツ社員が活躍して一定の成果を上げ、
 
今、経営者や管理職として組織運営をしているとなれば
 
過去の成功モデルを、
 
どの企業もなかなか捨てきれません。
 
  
川下にいる企業も、
 
川下にいることを認識できない、
 
川下にいることを認識していても、
 
合えて承知の上で消耗戦を強いられている・・・
 
 
そんな状況なのかもしれません。
 
 
そのなかで、
 
長時間の労働を強いられると
 
肉体的にも、精神的にも
 
蝕まれていくことになります。
 
  
こうした中、我々はどうやって自分の身を
 
護っていくのか考えなければなりません。
 
  
私は、身を守る手段こそが、
 
「副業」だと考えています。
 
 
あなたが経営者だとします。 
 
あなたの経営する企業が、
 
一つの事業、
 
一つの取引先に
 
売上の100%を依存していたら
 
どうしますか。
 
 
きっとこう考えるはずです。
 
一社から仕事を切られたらどうしようか。
 
この事業が衰退したらどうしようか。
 
 
優秀な経営者ならば、
 
 
新しい取引先を増やす努力をし、
 
新たな事業を育てていこうとします。 
 
どんな環境下でも、
 
生きていける体制をつくることが、
 
リスクを回避することに繋がります。
 
 
個人も同様です。
 
副業として収入源を多様化することで
 
絶え間なく収入を得る体制を構築することが
 
これからは必要とされていく時代だと
 
考えています。
 
 
たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

年収50億円のライティング能力

2016-12-13 01:06:06

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ
 
作詞家でAKB48のプロデュ-サーの

秋元康さん。 
 
年収は50億円とも言われているが、
 
マーケティングの上手い人くらいにしか思っておらず、

これまでその凄さを身にしみて感じられなかった。
 
 
今までは。
 

欅坂48の

「サイレントマジョリティー」を聞くまでは。
 
 
私はもう30過ぎのいい年した大人だけど、
 
10代の女の子たちが歌う曲が、
 
胸に刺さった。
 
 
youtubeでは3000万回以上再生されていて、
 
きっと多くの人の共感を得ているのだと思う。
 
  
 
型にはめられて、
 
どんどんつまらない人間になっていく自分が
 
悔しくて、いたたまれなくて、
 
時々涙が出そうになることがあった。
 
 
でも、
 
結婚して、子供が生まれて
 
妻子ある身としては、
 
自分勝手にばかり振る舞っていられない。
 
妻子を養っていかなければならない。
 

 
その一方で、
 
全てを投げ出して、すべて失っても、
 
追いかけたい人生がある。
 
 
そんな二人の自分と、
 
毎日葛藤していた。
 
 
夢を追いかけて生きるということは、辛い。
 
理解してくれる人がいなければ孤独だし、
 
上手くいく保証もない。
 
下手をすれば、莫大な時間を無駄にする。
  
  
しかし、
 
自分が信じたものに向かっていく過程が
 
本当の意味で生きるということであって、
 
道なき道をすすんで、
 
道を切り開いていくことが
 
その人の生き様。
 
 
生き様なき人生は、
 
生きていないのと同じだと
 
今は思っている。
 
 
この曲を秋元康がどんな思いで作詞したのか分からないが、
一曲で秋元康ファンになってしまった。
そのライティング能力恐るべしだ。 
 

 
 

社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

金融機関の職員は投資のプロか

2016-12-11 01:13:30

カテゴリー:未分類

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

業界の常識と世間の常識にギャップがあって、

新入社員の頃はおかしいと思ってきたことも、

業界にドップリつかってしまうと

徐々に感覚がマヒしてきて

おかしいと思わなくなることもある。

そんなことがないだろうか。

金融機関にそれなりの期間勤めてきた。

新入社員で働き始めた時は、

業界の慣習や制度に疑問を感じたものだが、

自分がいくら疑問に思ったところで、

どうにもできないと気づいた時点で、

飲みこむことを決めた。

でも未だに理解しがたい業界のルールが

幾つかある。

その一つが、

職員の投資活動に制限がかけられていることだ。

会社ごとに多少の違いはあれど、

金融機関の従業員は

株式投資、FX、先物取引、信用取引は

ほぼ禁止されている。

株式投資は現物は辛うじて許可されているが、

短期売買や信用取引は原則禁止されている。

銀行員が顧客を勧誘してFXで大損したというニューズは

記憶に新しいが、

損失を出したときに、身近にある大金に手を出してしまう

リスクがあるからこれを禁止しているのだろう。

確かに禁止する側にもそれなりの理由があることは分かるが。

しかし、資金を運用する側の顧客にとってみれば、

投資で儲けたことのない人に、

運用を相談することは理にかなうのだろうか。

営業の現場で

金融商品を勧める証券会社の職員や銀行員は、

ほとんどと言っていいほど投資で大きく儲けた経験はない。

ただ、投資信託を「売る」のは上手い。

目先の販売手数料ではなく、

顧客が儲ければその分金融機関に手数料が落ちる

仕組みをつくれれば、きっとサービスも向上

していくのだろうけど、

実現するまでにきっと何十年とかかるんだろう。

ところで、

金融商品でもっとも手軽に投資ができる

「投資信託」

今日本にどれくらい存在するのかご存知だろうか?

投資信託協会の資料によれば、

なんとその数、

約6000本!

毎日一銘柄内容をじっくり調べたら、

全部調べ終わるのに、

なんと16年かかる計算です。

たまにクリックしてくれるとありがたいです!


社長ブログ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント